NAB就業教育研究所

http://www.nab-company.com

所長'sファインダー

「飯を食える大人」を育て、支えることに拘る、
赤坂にあるNAB就業教育研究所所長、佐々木直人のあれこれブログ。

プロフィール

佐々木直人

1973年生。
1998年三菱商事株式会社入社。ベンチャー企業の起ち上げから中央官庁まで、国・業界を問わず様々な新規事業を担当。中途採用のスキームを提案し面接官として合否判定や育成施策の企画にも携わる。 情報戦略統括部、経営企画部を経て独立し、2011年NAB就業教育研究所を設立。 学生や若手社会人のスキル向上、キャリア形成に正面から向き合い続けている。

不満と不安。我慢できないのはどっち?

カテゴリー:キャリア





「本音を言うなら、友達に自慢できるような有名企業に入りたいですよ。優秀な感じがするし周りにチヤホヤしてもらえるし。親も大手企業の方が安定してるからイケって言うし。別にやりたいことなんて決められないし。給料だって高い方がいい。」

 

多くの就活生の、魂の叫びかもしれないね()

 

裏を返せば、キャリアをどう切り拓いていくのか明確なプランも、企業を比較する自分なりのモノサシも無い、ということですね。

 

ちなみに、有名企業に入ったことが友達に自慢になるなんて、最初の12年じゃないですか。いつまでも「こんな会社に入った自分がすごい」って雰囲気醸し出していると、バカだと思われるか嫌がられるかでしょうし。お金のハードルも働くモチベーションを持するには意外と低いことが様々な統計で明らかになっています。

 

これから長きにわたって働くことを考えると、こうしたすぐダメになるモノサシでは後々困りますよ、ってことですね。

 

ちなみに“安定している”っていうのも、モノサシになり得ないですよ。その“安定”が指しているのは「潰れないから一度入っちゃえば安心」という意味ですよね?

 

自治体がコケ、ちょっと前はPana、最近はSHARPや東芝がここまで苦戦を強いられる。金融機関をはじめ合併やM&Aも珍しくないご時世。残念ながら、そんな“安定”はありません。

 

モノサシ探しに思い悩むなら、「こういう条件の職場だったらいいなぁ…。」という考え方以外に、「こんな状態だったら、絶対に嫌だ。これだけは我慢できない。」というモノサシを見つけてみるのはどうでしょう?

 

例えば「不満」と「不安」について。

 

皆さんは、どちらが絶対に我慢できないものですか?

 

僕の周りはこれから起業する方から新卒以来ずーっと同じ会社で勤め上げようと戦っている方まで、本当に様々な“ビジネスパーソン歴20年選手”がいまして、皆「飯を食える大人」という共通点があります。そこで、「どっちが嫌いです?」と話を振ってみました。

 

まずは、「不満だけは我慢できない」というタイプの方々の意見。

 

「不安ってさ、自分の頑張り次第で消せるはずだろ?」とか、「不満に思う環境につき合って、自分のパフォーマンスが出なければ、成長しないし結果も出ないから勿体ない。独立してからは自分で自分のやることを決めているから不満はもちろんないし、信じる道だからそんなに大きな不安もない」。「今、不満だらけで仕事をぜんぜん楽しめてない人が、明日何か“新しくてすごく楽しい仕事”なんてやれると思う?」といった声がありました。

 

なるほど「不満」が嫌だからこそ、組織の中であるいは組織を出て、不満をより少なくできる環境を作っていこうと努力する。確かに組織が大きくなればなるほど、自分がやれることに制限はつきますし、上がつっかえている以上なかなか権限も降りてこない。もしかしたら一番成長できる時期に買い殺されているんじゃないかとか、よからぬ妄想も膨らみかねない。

 

一方で、「不安はとにかく遠ざけておきたい」、という人達も。

 

「親が自営でヒイヒイ言っていたのを子供の頃から見てきた。子供ながらにあんな経験は絶対したくないと思っていたから、業界トップの今の会社で働けてホッとしている。」とか、「不満は自分が飲み込んだり発散したりができるけど、不安は自分の力だけじゃどうにもならないしねぇ。」など。「私は不安が高まると本当にパフォーマンスが落ちるので、所属することで安心できる今の環境でこそ、力が発揮できるし。」なんて意見も。

 

さて、皆さんが働いていく上で、どうしても譲れないのはどちらでしょう?

 

もちろん、それぞれ我慢できる程度があるでしょう。であれば、どの線を越えることが自分にとっては譲れないことになるのか?あるいは、自分にとって親和性が高い、またはより居心地の良い職場環境になるよう努力することができる、意味がある職場なのかどうか。

 

こんな切り口から志望先を見てみることも、絞り込むきっかけになるかもしれません。



↓↓合説で事前予約500人超を記録した、NABのキャリア単科講座↓↓↓



→→→就活の最短距離を走るプログラムはこちらから!←←←



↑↑ 悩んで動けないくらいなら、まずは中身を見てみよう!↑↑↑