NAB就業教育研究所

http://www.nab-company.com

所長'sファインダー

「飯を食える大人」を育て、支えることに拘る、

渋谷にあるNAB就業教育研究所所長、佐々木直人のあれこれブログ。

プロフィール

佐々木直人

1973年生。
1998年三菱商事株式会社入社。ベンチャー企業の起ち上げから中央官庁まで、国・業界を問わず様々な新規事業を担当。中途採用のスキームを提案し面接官として合否判定や育成施策の企画にも携わる。 情報戦略統括部、経営企画部を経て独立し、2011年NAB就業教育研究所を設立。 学生や若手社会人のスキル向上、キャリア形成に正面から向き合い続けている。

面接でカッコよくプレゼンするより、大切なこと

カテゴリー:就活



「面接でいつも緊張してしまい、言いたいことをうまく伝えられません。2次面接がさっぱり通らないんです。緊張しない方法を教えてください。」

この時期、毎日のように出てくる質問です。


 なかなか難しいですね。人間、本気で取り組んでいれば緊張するものですから。 だから、どんなに緊張していても(体調が悪くても)70%の力を出し切れるようにしましょう。

そのためには、“相手におみやげを持って帰ってもらう”ことに集中するとよいでしょう。

採用の一貫とはいえ、相手も自分の人生の限りある時間を使ってあなたの魅力を聴くために時間を割いてくれている。だったら少しでもあなたの魅力をたくさん、正確に持って帰って貰いたい。自分の話をどの程度理解してくれているのか、誤解は無いか、真意は伝わっているかと相手の様子に集中し、時には「今申し上げたこと、御理解頂けましたか?」なんて一言も添えて、自分のメッセージが伝わっていなかったら補足してみて下さい。


 多少、面接がぎこちないものになってしまっても、全てをスムーズに喋れなかったとしても、相手に対する配慮ができ理解して貰おうと一生懸命に取り組む熱意は伝わると思います。


 そうしてはじめて、面接感との距離が縮まり壁を下げることができるんです。


 互いの距離がぐっと縮まれば、印象だって好意的になりますし、話も弾みますよね。カッコよく用意した文章を捲し立てることより、よっぽど大切なことです。

ここで、NABからのお知らせです。

いよいよ6月。ここからはみなさんが自分で考え、決めていくフェーズです。後悔のないよう最後まで全力で取り組んでください。そして、決戦開始の景気づけに、NABの佐々木&芳野からツイキャスライブ配信をすることにしました。(ツイキャスというのは、簡単に言うとインターネットを使ったラジオ配信です)

テーマはもちろん、就活・キャリア。5月22日月曜日、21時から配信します!

聴く際にはこちらにアクセス!→ https://ssl.twitcasting.tv/m_t_t_b/   パソコンでもスマホでもOKです!

私立文系のポンコツ2浪と国立理系の院卒。総合商社叩き上げと人材業界の叩き上げ。独立しそれぞれ独自のやり方で、日々信念をもって若者と正面から対峙している二人です。対談を生配信しますので、文面より具体的な話をお送りできるかと思います。結構、根っこにある部分は似てたりするから不思議です。

つきましては、ツイキャスで話して欲しいテーマや質問、相談、そして2人へのメッセージを、こちらのフォームから投稿してください。

 質問投稿フォーム → https://goo.gl/6QN2zm

お楽しみに!!