体験者の声 > NAB卒業生

体験者の声

S. Sさん
大手通信事業社 内定
早稲田大学政治経済学部

就活において「やらなくてよいこと」が分かったのは大きい

講座を受けて、自己分析のやり方がわかりました。それまで色々な本を読んだりしていましたが、これでいいのか?と自信がないままやっていたんです。以前は友達と比べることで、ただ自分もやらなきゃと思ってやっていましたが、NABの講座を受けた後は、自分のやることはこれだ、と確信を持ってやることができました。また、就活において「やらなくてよいこと」が分かった点が大きかったです。それまでは今思うと、無駄に説明会に行っていましたし、先輩の噂などに流されている部分もありました。

講座を受講したのは2月で、もう就活の真っただ中だったんです。講座は、まず就活に関するものではなく、頭の使い方を改善する基礎講座からと聞いて、これで就活間に合うのかなと、正直不安もありました。ですが、他の就活塾の話も聞いてみたりもして、NABは内定で終わりじゃなく、入社の先のことまで考えていたので、納得してここに決めました。講座を受講して、いい意味で落ち着きが持てるようになりました。就活において気にしなくていい些細なことにびくびくすることがなくなりました。

そのお陰で就活が終わってからも、今自分がやっていることに対して、「これは意味があるのかな」、と立ち返って考えられるようになりました。無駄なことはしないようにしようと思えるようになりました

就活のモチベーション維持に繋がった、OB訪問

講師にOB訪問が足りないと言われていたので、社会人を紹介していただきました。それまでは、OB訪問って意味がないんじゃないかと思っていましたが、実際に志望先のOBにお会いしてみると、会社の雰囲気が伝わってきて先輩に対しての尊敬も高まり、就活のモチベーションに繋がったので、積極的にやって良かったと思います。

最初は、講師の方はちょっと怖いかなぁ、と思っていました(笑)。ですが、池田さんは講義内容を丁寧に教えてくれましたし、佐々木さんは初めてオフィスに行ったとき、「せっかく来たんだから、まず、君が聞きたいことを全部聞いて」と言ってくれたので、自分にはすごく合っているなと思いました。お二人は自分の話を真剣に聞いてくれました。


NABの講師のお二人は、正直、最初は怖そうな感じでした(笑)。だけど質問したら、すごく丁寧に答えが返ってきました。質問の意味を正しく伝えられるように、引き出してくれたんです。それからは、怖くなくなりました。

NABは滑走路。
最短ルートと走り方を教えてくれたので、あとは自分で走るだけ。

3年生の皆さんは、必要ないことに振り回されないでほしいですね。自分は最初、友達に流されて、今思えば全然行く気も無いような会社も受けていたので、その時間を自己分析などにもっと有効に使えたのではないかな、と反省しています。それと、もっと早い段階でOB訪問しておけば良かったと思います。自分でやりたいことを決めて情報を集めて、OB訪問をして確認してからESを書いた方が良かったんじゃないかな、と思います。

私にとっては、NABは滑走路ですね。最短ルートと走り方を教えてくれたので、あとは自分で走るだけ、というか。自信を持ってやるべきことが何か、どんな順番でやらなければいけないのかを教えてくれたのがNABでした。

社会に出たら、「何をやりたい?」と訊かれたら「これです!」とすぐに言えて、それを目標に頑張っている人になりたいですね。


体験者の声トップへ戻る


Copyright © 2015 NAB & Co. All Rights Reserved.